入院費用が払えない時の対応

父が急に体調を崩して病院で検査したところ、内臓に問題があるとかで緊急入院することになり、医療費やら生活費やらで50万ほどのお金が急に必要になったことがあります。

病院のほうから高額医療申請などをすれば安くなると教えられたものの、先に病院に支払うお金が必要だとかで入用になりました。お金自体は貯金があったので支払えるのですが、株や定額貯金などの崩しにくいものでしかも父名義だったのでなかなかすぐに使えるお金とはならず、結局一、ニカ月程度だからとキャッシングを使うことになりました。キャッシング自体は別に何の問題もなくスムーズに借りられ、また返済も二回程度で無事返済できました。若干の利息はあったものの、手数料だと思えばまあ許せる範囲でした。

参考サイトはこちらです。
お金を借りる

病院自体の費用は入院費や治療費、検査費といろいろとかかったのですが、高額医療費申請とか生命保険とかでなんとか払えました。父の入院期間も二週間程度でしたし事情もきちんとしていたので、会社のほうも問題にはならなかったそうです。父の身体の方も大事にはいたらず、早めに復帰できました。

今回のトラブルで考えたのは、お金がある程度あるとふつうは貯金に回してしまうけど、やはり当座のすぐに使えるような口座を用意しておかないと面倒だなあと思った次第でした。

大学に必要なパソコンを買うお金がない

大学に入るまでは親がお金を出してくれていたので、お金が必要になるという事態には陥った事がありませんでした。

大学生活を始めて数年後、私は大学の授業の一環において高額なパソコン器具が必要となりました。大学が推奨する機械は三万円もしてしまい、大学生である私にはとても高額な金額でした。

購入しなければ大学の授業についていけずに留年してしまう怖れも有ります。勉強は頑張りたいので機械を購入するために早急なるお金の工面を行なわなければなりませんでした。

たかが大学生、売れる品も無く頼れるツテも無く困ってしまいました。

10代の頃のように両親に頼れば良いのかもしれませんが、私は無理を言って大学に行かせて貰い、両親は私のための学費や生活費のためにあまり裕福ではない生活を送っていました。

カードローン即日 サイトのようなところで借り先を探そうかとも考えましたが、学生では難しいと思い断念したのです。

親には頼れない、大学では親しい友達を作っていなかったので友達に三万円というお金も借り入れできない、こうなったらとアルバイト先に給料前借を頼みました。

給料前借をしては来月の給料が減ってしまいますし、更にアルバイト先にも不信感を抱かれてしまいますが、学生の時の一過性のアルバイトとして捉えていたので、お金を前借する恥ずかしさもあまり感じないようにしました。

アルバイト先に当然ですが前借の理由を聞かれましたが、お金の管理をしっかりとしていないからだと怒られるかと思いきや、勉強のために必要だと言うと、偉いと褒められてちょっと嬉しかったですね。

サークルの仲間と温泉旅行

2年くらい前にサークル仲間と温泉旅行に行く予定をしていました。

温泉自体自分は結構苦手で、断ろうかと思ったのですが、仲の良い友人が居たので断れませんでした。集金係がお金を集めるのは当日で、温泉に行くまで1週間くらいの期間があり、その時はお財布に5万くらい入っていたので、安心していました。

翌日温泉の日まであと6日の所で、仲の良い友達と都内で遊ぶ約束をしました。服を買ったり、美味しいものを食べたり、ゲームセンターで遊びました。全然ゲームセンターに行っていなかった為、クレーンゲームやメダルゲームにハマってしまって
お金をたくさん使ってしまいました。

メダルゲームがたくさん増えてしまったので、翌日また増えたメダルで友人と遊びに行きました。かなりお金を使ってしまいましたが、温泉の日の前日が給料日なので軽く安心していました。いざ温泉の日の前日に支度をして会費を下ろしに行こうとしたら

あら?入金されてない・・・。

落ち着いて曜日を見てみると土曜日・・・。

給料日が土日に被る場合は月曜日の振込みという事を忘れてしまっていました。一気に頭の中が真っ白になり、おそるおそるお財布の中を確認すると8000円。

会費は2泊3日交通費食事代込みで20000円掛かるので非常に焦りました。脳裏にモビットでお金を工面しようと考えたのですが、どうしても急なので、仲の良い友人に借りて何とか行くことが出来ましたが、あらかじめ会費等は別の封筒に入れておいたほうが良いなと思いました。