大学に必要なパソコンを買うお金がない

大学に入るまでは親がお金を出してくれていたので、お金が必要になるという事態には陥った事がありませんでした。

大学生活を始めて数年後、私は大学の授業の一環において高額なパソコン器具が必要となりました。大学が推奨する機械は三万円もしてしまい、大学生である私にはとても高額な金額でした。

購入しなければ大学の授業についていけずに留年してしまう怖れも有ります。勉強は頑張りたいので機械を購入するために早急なるお金の工面を行なわなければなりませんでした。

たかが大学生、売れる品も無く頼れるツテも無く困ってしまいました。

10代の頃のように両親に頼れば良いのかもしれませんが、私は無理を言って大学に行かせて貰い、両親は私のための学費や生活費のためにあまり裕福ではない生活を送っていました。

消費者金融のようなところで借り先を探そうかとも考えましたが、学生では難しいと思い断念したのです。

親は私の大学費用を捻出するためにマンションを高く売るコツを考えていた時期だったので親には頼れない、大学では親しい友達を作っていなかったので友達に三万円というお金も借り入れできない、こうなったらとアルバイト先に給料前借を頼みました。

給料前借をしては来月の給料が減ってしまいますし、更にアルバイト先にも不信感を抱かれてしまいますが、学生の時の一過性のアルバイトとして捉えていたので、お金を前借する恥ずかしさもあまり感じないようにしました。

アルバイト先に当然ですが前借の理由を聞かれましたが、お金の管理をしっかりとしていないからだと怒られるかと思いきや、勉強のために必要だと言うと、偉いと褒められてちょっと嬉しかったですね。